古希 祝電の例文集

The example of Long‐lived telegram.


古希

古希のお祝い電報

古希とは数え年で70歳(満69歳)の節目を祝う記念行事です。昔は70年も生きる人は希であったのでお祝いされます。 お祝い電報は「古希を迎えられ、おめでとうございます」という気持ちを込めて贈ります。
知らせを受けたら、誕生日までに電報の準備をしましょう。

電報を出す前に調べておくことは
・配達先住所(ホテルなどでお祝いする場合は、会の前日に届くようにします)

    電報を出す前に調べておくこと
  • 配達住所
  • 内容(例文からも選べます)
  • 差出人の氏名(連名も可)
  • 予算(文字数が多くなれば高くなります)

おすすめ!胡蝶蘭の電報。花言葉は「幸福が飛んでくる」です。
電報サービス VERY CARD

古希のお祝い電報 例文

  • 古希を迎えられ、おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
  • 古希おめでとうございます。いつまでもお元気でご活躍ください。
  • 古希を迎えられ、誠に喜ばしいかぎりです。これからもご活躍を期待しています。
  • 古希を迎えられ、おめでとうございます。いつまでも健康でいてください。
  • 古希を迎えられ、おめでとうございます。ますます若返られますように。
  • いつも若々しい先生が古希と聞いて不思議な気がしますが、おめでとうございます。

スポンサーリンク

電報サービスの比較
# Very Card 一般の電報
特徴 全国一律料金
1,280円(税抜)
カードは無料~最大5,000円まで。
文字課金なし
(300文字まで)
文字数により課金。
・25文字まで660円(税抜)
・61~65まで1,380円(税抜)
・66文字以上は上記金額に
5文字増毎 90円(税抜)を加算
HP VERY CARD Dmail

*お名前で作詩する、世界でひとつの贈りもの「名前の詩」。
「古希を迎えられた方が、様々な人に支えられて今まで来られた幸せを実感できますように」。また、「ご自身の名前入りの詩を見るたびに自然に元気がでますように」という願いを込めて、作詩いたします。

古希のお祝い


Home


スポンサーリンク