金婚式 祝電の例文集

The example of Congratulatory telegram.


金婚式

金婚式のお祝い電報

金婚式とは結婚50周年を記念して、結婚後50年目に行うお祝いです。 お祝い電報は「50年の結婚生活、おめでとう。」という気持ちを込めて贈ります。
金婚式の知らせを受けたら、金婚式の日を確認して電報の準備をしましょう。

    電報を出す前に調べておくこと
  • 配達住所
  • 内容(例文からも選べます)
  • 差出人の氏名(連名も可)
  • 予算(文字数が多くなれば高くなります)

電報サービス VERY CARD

金婚式のお祝い電報 例文

  • ご金婚式、おめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。
  • 結婚50周年、おめでとうございます。これからもどうかお元気で。
  • 金婚式おめでとうございます。ずっと仲良く、健康な二人でいてください。
  • 金婚式おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
  • 金婚式おめでとうございます。これからもご夫婦揃って、お元気にお過ごしください。
  • 金婚式を迎えられ、おめでとうございます。いつまでも仲の良いご夫婦で。
  • 金婚式、おめでとうございます。これから先、末永く、ご円満に。

スポンサーリンク

電報サービスの比較
# Very Card 一般の電報
特徴 全国一律料金
1,280円(税抜)
カードは無料~最大5,000円まで。
文字課金なし
(300文字まで)
文字数により課金。
・25文字まで660円(税抜)
・61~65まで1,380円(税抜)
・66文字以上は上記金額に
5文字増毎 90円(税抜)を加算
HP VERY CARD Dmail

*お名前で作詩する、世界でひとつの贈りもの「名前の詩」。
「様々な人に支えられて今まで来られた幸せを実感できますように」。また、「これからも家族に見守られて幸せな日々でありますように」という願いを込めて作詩いたします。

金婚式のお祝い


Home


スポンサーリンク